×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クレジットカードを持ったら気をつけましょう!

クレジットカードやキャッシュカードが普及するにつれて、カードに絡む犯罪が多くなっています。クレジットカードは紛失しないよう、また盗難されないよう普段から十分な注意が必要です。

代表的な犯罪は窃盗されたカードを利用される、スキミングされ偽造カードを作られ使用される、フィッシングによる個人情報の悪用などがあります。

犯罪防止策

カード犯罪防止策の個人でもできる一番簡単にできる方法は、カードの暗証番号をこまめに変える【誕生日や電話番号などの番号は絶対に使用しない】ことでしょう。
そして、支払伝票の保管を行い、引き落とし額の確認を必ず行うなどの注意をすることです。
不正使用された形跡があればすぐにカード会社に連絡をしましょう

スキミング防止としては現在発行枚数が増えてきているICカードを使用してもセキュリティー対策上有利であるため、おすすめです。

また、カードを所有したら必ず裏署名欄には本人が署名を行いましょう。カードの署名は、私達日本人の場合は漢字で署名をすることがコピーを防ぐ有効な手段のひとつになります。特に海外では日本と同じ文字を使う国はないため、サインをコピーされることも少なくなるでしょう。

(更新: 2010/10/03) copyright©クレジットカードまるまるお得 All Rights Reserverd.